読書メモ、ゲームメモ。

無限航路

さて、いつぞやのシャイニングフォース フェザーの時と同じようなパターンで
予定を変更して、こちらを買ってみました。
d0034608_22275093.jpg

無限航路

去年の6月に出たDSのRPGですね。セガ販売。

今少年編の3章で紛争解決してるところです。
始まったばかりですが、なかなかいいかな。

宇宙の海は俺の海ってなワケで展開するスペースオペラRPGです。

ただ、スターオーシャンやゼノサーガ等が今時な作風なのに対して、
この作品は、見た感じメチャメチャ、早川SF文庫みたいな感じです。
よく言えば古式ゆかしい、しっかりした。悪く言えば地味でださい感じ。(笑)

個人的には、昔ローダンとか読んでたのでこういうの好きですけどね。

ただ、当時、良い評判もあったわりに、イマイチ売れなかったのは、
この雰囲気といい、システムといい、しかたないかなぁ、とも思います。

個人的にはすごく好きだけど、うかつに人に進められない、そんなタイプ。

ストーリーは、エピタフっていう、なんていうか漫画的に言うと、
千年パズルとスターピースを合わせたような感じの伝説のお宝をめぐって、
少年が宇宙に旅立っていく宇宙海賊もの的なお話です。

システムは、銀河英雄伝説の航路図みたいな感じのMAPを移動しながら、
宇宙船でフォーメーションを組んで戦う戦闘。

各星に施設などがあって、そこでイベントが進む感じでしょうか。

とりあえず、船を建造したり改修したりする資金を集めるのが大変ですね。
今のところ。

そんなこんなで、このまま最後まで行ってみましょうか。
[PR]

by maruharoco | 2010-07-17 22:53 | ゲーム メモ
<< 無限航路 その2 FF9 その6 >>