読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アベンジャーズ

さてまたもや久しぶりに。
思い出したときに何度でも不死鳥のように蘇る謎のBLG(笑)。
なわけです。

結構経ってるんですが、そういえば観ました。映画。
Avengers

どうだろう。う~ん。悪くはなかったと思います。
ただなんというか。もうひとつ?みたいな。

同じようなコンセプトなら、DCのジャスティスリーグのが好きかな。
とりあえず、以前見たのはTVシリーズのアニメなので、
洋画のアベンジャーズとは、くらべてもなんですが。

ジャスティスリーグはスーパーマンとバットマンがメイン格で、
ザ・フラッシュとかその他も味があってなかなか良かったのですが、
なんせアベンジャーズはメイン格が、アイアンマンとソー。

そーなん?とかくらいしかいえない感じ。(笑)

最近映画やってるからといえ、彼ら日本ではまだ無名扱いでは?(失礼)
これで、日本よこれが映画だ。とかいわれても・・・
なんというか、スペシャルチームとしてはGIジョーくらいの華な感じ。
同じマーベルでも、キャラクター的にはペケメンに負けてる気がする。
映画として、お金はかかってるのはわかるんだけどね。

あとなんとなく、後半の展開がトランスフォーマー3作目と似ています。
あの映画が嫌いだったので、あれよりかはだいぶ良かったけど、
個人的には印象悪いのもあります。

ていうか、バトルシップ(観てないけど)なんかもそうですが、
外人ああいうよくわかんないメカメカしいのと軍隊が意味もなく、
スペクタクルに戦うの好きだよね。偏見かもしれないしけど。
あと、3D映画にした時の見栄えもあるのかな。

でも、なんというか、お話、キャラクター、舞台装置的なシーン選び、
それらより気になったのは、やっぱりヒーローとしての、
アイデンティティーの薄さというか、浪花節の足りなさというの?
個人的にはそう言うはったりというか志の低さが気になりました。

例えば、日本でこういう映画が一番初めに作られたのって、
マジンガーZ対デビルマンあたりじゃないのかなって思う。
ずいぶん昔のことです。リアルタイムでは当然観てませんが。

アニメ映画だし、昔の作品だし、もっと昔からあるかもしれないけど、
とりあえず、まずはじめに思い出す夢の共演といえば、やはりこれ。

こちらの内容は細かく説明しないけど、やはり、良い。すばらしい。
特に良いところは、やはり、絶地絶命のピンチを夢の共演で弾き返す、
その熱い展開にあるんではないでしょうか。

アベンジャーズでも、そういう側面がないとは言わないけど、弱い。
はっきりいって弱すぎる。と思う。個人的に。

大体ピンチが足りない。全然、絶体絶命、地球の危機とは思えない。
個々のヒーローたち単独でもなんとかなりそうなレベル。

悪だ、悪い奴らだからといって寄ってたかってボコっていいのか?
それが彼らの正義であり矜持であるのかと問いたい。問い詰めたい。

あんな弓くらいしか武器がない奴が寝返ったからなんだと言うんだ!(失礼)
ロキの悪巧みくらいバックに何がいようがソーが何とかしろよとしか思えない。

それと、ヒーロー側の対立も弱い。
確かにうんざりするほどいがみ合ってはいるが、敵の策略のためとは言え
子供の喧嘩レベル。よそでやれとしか思えない。

ジャスティスリーグのスーパーマンとバットマンの、お互いの、
正義に対する考え方からくる対立はなかなか良かったのだけれども。

そもそも、ヒーローというより好き勝手に戦ってるだけの奴が多いし。
そう言う意味では正義論がどうのといっても仕方ないのだけど、
それではやはり、孤高のヒーローたちが敢えて共同戦線をはるという、
カタルシスが弱いと言わざるをえません。

せめて、「この俺はいい、だが、この罪もない者たちに貴様は何をしたんだ!」
とか恥ずかしげもなくいえるくらいの本物のヒーローがいれば・・・

う~ん。
もっとも、そんな暑苦しいキャラは今時受けないかもですが。(笑)

でも、ヒーロー不在の時代と言われる現代。
ふと、そんなことを延々(笑)、考えさせられる映画でありました。
[PR]

by maruharoco | 2012-10-13 23:40 | 映画 メモ
<< オブリビオン その3 オブリビオン その2 >>