読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Legend of Grimrock

さて、最近は主にこちらをやっているんですよね。

Legend of Grimrock

アメリカのインディーズなゲームで、春頃でたんだったかな。PCゲーです。
ぶっちゃけ、ダンジョンマスターとかアイオブザビホルダー、そのまんまです。
古き良き時代のリアルタイムRPG が現代に蘇ってしまったからさあ大変!

ここはやはり古参ゲーマーとしては、やっておきたいですよね。
最近、MOD が作れるエディターが公開されたので、これを機会に初めてみました。

てか、そんなこと言っている自分なのですが、白状してしまいますと、当時、
ダンマスとか、あんまりやらなかったんですよねー(笑)
というか、かなり脱線した長い話になりますが。

でも、ダンマスというとこれを言わずにはいられないので、
もし読んでいたら、年寄りの昔話と思って読んでやってください。(笑)

とりあえず人の家で、1F くらい遊んだだけというか、具体的に供述すると、
キャラメイクでガチャピンとかムックとかつくって、ミイラ相手に骨投げたりとか、
そのくらいの印象しかないんですよね(笑)。定番といえば定番かもですが。

ダンマスって、当時大変エポックでセンセーションなすごいゲームでしたが、
風味的にレミングスを連想させる感じというか、要するにパズルゲーっぽい?
というか、正統派RPG 好きを自認していた自分的にはなんというか、
肌に合わないというか、いまいちだったんですよね。

というか、もう一つ当時ダンマスをやる気にならなくする事柄がありました。
若気の至りとでもいいますか・・・

とりあえず、日本でダンマスが本格的に流行ったのって、
家庭用で出てからだと思うんです。

が、その前に、ナツメがファミコンで出した、
ダンジョンアンドマジックっていう、ゲームが好きだったんです。当時。

このゲーム、早い話がダンマスのパクリで、システムをおもいっきり簡略化して、
その代わりマイト3のように野外も全部あって、マップが無茶な広さという
アバンギャルドなゲームだったわけです。

当時ファミコン版マイト1が延期になり、その頃発売されたために、
なんか妙にはまったゲームだったのです。このゲーム。
ナツメという会社らしいともいえる、独特の風味の作品で、
しかも、本家のダンマスよりずっとRPG らしくて良かったんですよ。
個人的には。ええ。

しかし、発売前ファミ通のクロスレビューで酷評されていて、
しかも、その後出たスーファミのダンマスのレビューでは、
同じレビュアーではないかもしれませんが、同じ雑誌で、
当時、欠点として酷評してやがった部分を、長所として褒めてたんですよ。

それが当時腹立たしかったので、その後ダンマスをなんとなく
やる気になれなかったっていうのもあるんですよね。
八つ当たりというか、さかうらみ?(笑)

閑話休題。

そんなわけで、いろいろ(?)あって少し敬遠気味だった
この手のリアルタイム3DRPG ですが、とりあえず始めてみました。

前置きがやたら長くなって疲れてきたので(笑)、詳しいことはまた書きたいですが
とりあえず、なかなか良いです。

現在地下7階。中盤というところでしょうか。
とりあえず、難易度をイージーではじめたので(ヘタレ)、戦闘は割と楽♪
というか、4階くらいの、閉じ込められて、毒ガス噴射するキノコ2匹と戦うところが、
一番大変で、あとは適当でも割となんとかなります。イージーですし。

ダンマスが一言で言えば、パズル重視、
アイオブザビホルダーは、比べて、とにかく陰険不条理だと感じましたが、
Legend of Grimrock は、あっさり気味ながら、バランスよく正統派です。

まあ、あの頃からかなり経ってるわけですし洗練されて当たり前。
インディーズとはいえ、むしろ退化している感じとはいえ、
なんていうか、謎がフェアな感じがしますね。

隠し通路は全てスイッチ式ですり抜けたり一方通行な壁とかないですし。

そこらへん好みは分かれるかとは思いますが、良いんじゃないでしょうか。
個人的には好きです。

基本的には、ギリギリな感じを楽しむゲームで、謎自体のロジックというより
謎といて、さてもどろうかなとおもったら、モンスターが湧いてるとか。
ひたすらキーを、A・W・W・Q・W・W・W とか打ち込みカチカチとトラップを避けて
進んだりするさまを楽しむゲームだとおもいます。
[PR]

by maruharoco | 2012-10-14 23:43 | ゲーム メモ
<< Legend of Grimr... オブリビオン その3 >>