読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Legend of Grimrock その2

さて、秋もたけなわな今日この頃。
秋といえば、読書の秋、映画の秋、ゲームの秋、ってな感じですが、
自分としてはこのところ、ダンジョンの秋まっ盛りです。

そんなこんなで、Legend of Grimrock をば嗜んでおります。
昨日書き綴った分につづいて、この作品の感想です。

ていうか、自分の世代だと、グリムロックというと、
オレ、グリムロック!トテモツヨイ!!
とかそんな感じなジェネレーションですが(笑)、ようはダンマスっぽい感じ。

ダンジョンです。マス目移動の3DRPG です。リアルタイムです。
以上でだいたい内容を思い浮かべられるなら、多分そのとおりの内容です。

バックストーリーは英語なんでよくわかりませんが(笑)、囚人たちが、
生き残りをかけて、謎のダンジョンに放り込まれてデスゲームに挑むという流れ。

というか、このゲーム和訳されてないので要英語、要忍耐、そして要直感です。
もっとも、ゲーム中にテキストは言うほどないので、それほど問題ないですし、
ネットで調べれば、訳、ヒント、答え、色々あるので便利な世の中になったのです。

移動は、ひとマス移動で。斜めはなく、カニ歩きと後退があるオーソドックスな操作。
グラフィックは、イマドキでそれなりに綺麗かな。3Dダンジョンのスクロールも、
滑らかかつ、キビキビ動くので、個人的にはいい感じ。

ただ、せっかくポリゴン描写でリアルタイムで光源処理されてるのだから、
例えば、曲り角の向こうから敵が来た場合、まず影が伸びてきて、
次に壁端に手がかかって、顔をニュっと突き出して、次に目がこちろを見る。

そんな、凝った演出的な動きをして欲しかったのですが、そういうの無いです。
敵はほとんど4方向スプライト表示と変わらないし、ただ、手足動かしながら
1マスずつ移動してるだけなんですよね。そこが少し残念。

シャイニング アンド ザ ダクネス のボス敵登場みたいなのを、さりげなく、
リアルタイムでやってくれるのを、結構期待していたんですけどね。

というか、全体的に暗く、光源で影が伸びるどころではないかも?

ようするに、ぶっちゃけ、描画手法は古臭いといえば古臭いかもしれません。
結構綺麗だし、シンプルで良いという気もしますが。インディースですしね。

システムは、リアルタイムなゲームなので、当然アクション要素があります。
てか、このゲーム,、コントローラーに対応してないので、基本的に
マウスとキーボードでの操作となっていて、それを前提としたシステムです。

落ちているものをマウスでクリックして掴んでイベントリに置くと取得。
キャラクターの手のアイコンの上に置けば、手に持ったことになるというアレ。

個人的にはコントローラーでできないゲームは嫌いなのですが、
この際我慢。Q・W・E・A・S・D のキーでの移動というのを初めてしました。(笑)

戦闘は、難易度が3段階に開始時に選べるようになっていて、
自分はヌル派なので、イージーでやっていますので、そこそこくらいな感じです。
てか、操作系が気に入らないので個人的にはこのくらいじゃないと無理。(笑)

あと、パズル系の謎解きメインのゲームなので、戦闘自体が厳しく頻繁だと、
初期のテイルズ系みたいに、ストレスが溜まる作りになるとおもうので、
繰り返し言えば、個人的にはこのくらいで、ちょうど良いです。

謎自体も結構シンプルで、このゲーム内のルールに則ってフェアな感じ。
異常に難解だったり陰険だったりってことはない感じです。いまのところ。

ただ、謎にしろ、戦闘にしろ、モンスターやギミックの種類が少なめなので、
そのへん、ちょっとあっさりしすぎている感じはあるかも?

もっとも、MOD で追加できるので、この先楽しみですし、
もしかしたら、グリムロック自体も、ファンによって非公式な完全版というような、
多くの人が唸るようなシロモノが出てくるかもしれない可能性はありますね。

てか、地下13階で、クリア時間10~20くらいっていわれていますが、
プレイ時間がSAVE のカウントで、9階入った時点お時間が17時間ほど・・
たぶん、6階の探索の時、結構時間がかかって、食料が心もとなかったので、
空腹で攻撃力半分のまま、チビチビ戦って敵が復活を繰り返したからかな。(笑)

実際、たぶん食料はよほど無駄なことしない限り尽きないと思います。
ちゃんとうまく順番で攻略して、きちんと食料を確保すればの話ですが。

現在までのところ、なかなか面白いと思います。

結末はどうなるのかと楽しみにしつつ、続けたいと思います。
エンディングの内容みても英語なので、もうひとつわからないかもですが。(笑)
[PR]

by maruharoco | 2012-10-15 23:13 | ゲーム メモ
<< Legend of Grimr... Legend of Grimr... >>