読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マイト X その2

さて、Might and Magic X Legacy ですが、
先週いよいよ発売されました。

出来の具合のほうは、どうだろう?
アーリー版とそれほど変わらないでしょうか。
クォリティという事でいうと、そんなに高くない
まー、わかっていたけどそんな感じ。

ただ、面白いか面白くないかでいうと、
これが、なかなか面白いです。

探索して、戦闘して、謎解いて、MAP 埋めて、戦闘して
という繰り返しが、なかなか楽しいというか。
文句言いつつも、先に進んでいく感じです。

往年のシリーズでいうと、4作目のクラウズオブジーンに、
一番近いという印象でしょうか。

MAP は狭く、敵が少ないです、CoX もそうでしたが。
あれも、ロードさえ短ければ結構短いんですよね。
X ほどMAP 狭くはないですけれども。
たしか、敵も復活しなかったと思いますしねぇ。

あと、余談ですけど、今作にはゲーム中に、
ゲームの世界観を知ることができる本があるのですが
その中で、雲という本があって、それを読むと、
もしかして、世界が狭い分、DLC でダークサイドも
あるのかな?という気もしますが、どうなるでしょうか。
(と思ったけど、他のシリーズ作品の分もありますね‥)

もともと、マイトアンドマジックは、どちらかというと
ハクスラ的ではなかったと思いますが、今作では、
敵の数が少なく、苦戦してもLV上げて対応できない
場合があるので、そこも考え物でしょうか。

思うに、X の問題点を二つ挙げると、
一つにはユニティなんか使ってるせいで、アラがあること。
そして二つ目の問題として、システムの問題点の中核として
敵から絶対逃げられないという事があげられると思います。

本作では、3~5作目と同じセミリアルタイム的な
ターン制ですが、敵に発見されたが最後、
逃げることができないため、戦闘の戦術が限られてます。

過去シリーズであったようなヒットアンドウェイで
誘い出すようなセコイ楽しみ方ができないので、
戦術が殴り込んで競り勝つしかないんですよね。

このことは他の部分にもいろいろ影響があって、
システム全体を縛っていると思います。

まあ、これら問題はありますが、探索RPGとしては、
それなりに考えてあってやりがいはあります。

今回は、アーリー版で苦労したので、2つある難易度の
楽な方の難易度でやっていますが(へたれ)
絶対こりゃ無理だ!という事は今のところなく、
バランスは今風にとってあってります。
敵の強さで、だいたいそこが、行くべきかどうかが
わかるようになっている感じ。

CoX では、MAP が広いものの、ダンジョンなど、
結構、世界の端から順々に並んでいる構成で
プレイヤーを誘導するようになっていましたが、
X ではそこらへん敵の強さで誘導していて、
遊んでいても次々と、敵を漁っていく感じは好きです。

まあ、3や、DoX は、メチャMAP 広くて
自由度高かったですが。

現在、二章で、影の森あたりで戦っていますが、
とりあえず、カーサルの町の入り口はどこだろうか?
と、敵を倒しながら進んでおります。

そんなこんなのX ですが、ぜひ最後まで楽しみたいと
思ってますし、本作はMOD が使えるのもウリなので、
ドンドンでてきてほしいなと思います。(他力本願)

とりあえず、音楽差し替えることができればなぁ。
と思うんですよねぇ。
[PR]

by maruharoco | 2014-01-29 23:14 | ゲーム メモ
<< マイト X その3 ドラゴンクエスト 7 >>