読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

白鳥異伝

d0034608_0144072.jpgさて、今日読んだのは、

白鳥異伝 上巻   萩原規子 著  

このお話は、昔、そう、かなり以前に読んだ、空色勾玉の続編ですね。

昔話になりますが、学生の当時、ラジオから流れてきたラジオドラマ?かなにかで聴いて、その話を図書室の司書の方と話していたら、うちにも有るよって。デビュー作だったらしく、読んでみて瑞々しく、先が楽しみな作家さんだなぁ、等と、当時思ってましたねぇ。懐かしい。


で、以前読んだ、西のよき魔女なんかは、最近読んでチョッと違う・・・
とか思ったりしたわけですが(笑)。
でも、ああいう、なんていうか、物語の舞台装置に仕掛けのあるような、
たとえば、現代劇だと思わせておいて、実は宇宙船の中だった・・・ 
って感じの物語は結構好きなので、楽しかったですが。

それはさておき、件の空色勾玉が、3部作になっていたと最近知り、
新書版が出ていたので買って来ましたよ。ええ。

物語はヤマトタケルがベースになったお話で、空色勾玉から、
時代がかなりたった頃の話ですね。

主人公の、双子のように育った遠子と小倶那の2人が、
運命に翻弄されて、小倶那は大蛇の剣の主となり、戦を始め、
勾玉の巫女の血を受け継いだ遠子は、
自ら小倶那を討つために、玉の御統を求めて旅立つ。
地上に残った5つの勾玉を繋いだものが玉の御統で、
それを受け継いだ5つの橘の里を旅するのが使命。
遠子達が始めに訪れた伊津母の国では橘の家系は絶えていたが、
血筋を引く、菅流 の協力と、勾玉を得て、
小倶那が討伐に向ったという、日牟加の国に向った・・。

といったところが、上巻の大まかなあらすじですが、
やっぱり、なかなかおもしろいですね。
文体もすっきりして清涼感がありますし、
西のよき魔女もそうでしたが、
主人公の遠子のバイタリティーというか、
困難に遭っても、明るく前向きな所がいいですね。

お話としては(漫画ですが)、BASARA  田村由美 作 とか、
火の鳥 ヤマト編  手塚 治虫 作 
等を思い出すような、日本を舞台にしたファンタジーですが、
故郷が攻め滅ぼされ、遠子が旅立ちを決意するところが、
盛り上がって、読み概がありました。

上巻を読んだ所なので、続きが楽しみですね。
[PR]

by maruharoco | 2005-11-24 01:03 | 読書 メモ
<< スーパープリンセスピーチ その3 遼とルディ >>