読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メルニボネの皇子

さて、むかし読んだ思い出の本を、何年もたってから読めば、
当然のことながら、印象の違いに戸惑う事はあります。

理由は色々で、自分が成長したからかもしれないし、
その時の気分や集中度。どの程度覚えていたか、とか、
色々あるとは思います。

それは、思い入れも、あるかもしれません。

でもなぁ、それはそれとして、今回はチョット、
思うところがありました、よ。

d0034608_0171735.jpg


メルニボネの皇子

コレはいわずと知れた、マイケル ムアコック の作品で、
エターナルチャンピオンシリーズの基幹となる物語で、
ファンタジーの原典の一つと言える名作であると言うあたりは、
賢明な諸兄であれば、説明の必要も無いでしょう。

これを読んだのはずいぶんと、昔の事ですが、
今回、1巻と2巻が一冊になって再刊行されたので、
喜び勇んで、久方ぶりに読んでみたのですが・・・

感想。訳者の勝手な独り善がりで、人の思い出を壊すな!!!
って感じです。(笑)

まあ、言いたいことは山ほどありますが、
とりあえず、アリオッホってなんだよ。(笑)
あとがきでそこらへんの経緯は書いてありましたが。
はっきりいって、納得できない・・・

いや、もともと、発音はアリオクに近いとは聞いていたのですが、
日本訳は、アリオッチ でよかったと思うのですが・・・
第2版からは、改定してくれる事を祈ります。

まあ、挿絵も気になるけど、まあ、こっちは仕方ないかなぁ。

とりあえず、大切な思い出をぶち壊された感じで、すこし嫌です。

やっぱ、初恋の相手には、大人になってから会わない方が良い。
って言う教訓は、ホントなのかもしれませんね。(笑)
[PR]

by maruharoco | 2006-04-03 00:35 | 読書 メモ
<< アンダーワールド エボリューション ゼノサーガⅠ・Ⅱ >>