読書メモ、ゲームメモ。

アンダーワールド エボリューション

さて、久しぶりに。今日は劇場に足を運びました。
今年はコレで8作目。
去年は年間で8本でしたから、今年は結構小屋に通ってますね。

で、ホントは、トムヤンクン が観たかったのですが、
行きつけの劇場では、かかってませんでしたよ。とほほ。

Vフォー・ヴェンデッタ なんかも、よかったかなぁ。
あの、私の心の名作(笑)、おもいっきり探偵団 覇悪怒組 の,
摩天楼を思い出す、あの仮面が、気になったんですけどねぇ。

ですが、結局観たのは、コレ。
d0034608_22174796.jpg

アンダーワールド エボリューション

思わず間違って、ニューワールドの券を買いそうになったのは内緒(笑)。
紛らわしいなぁ。あれって、結局ポカホンタスなんですよね。

で、どうだったかといいますと、
う~ん、どうでしょう。
感想を先に書くと、普通、かなぁ。

3年位前にあった映画の続編で、そっちは観てないのですが、
冒頭で回想があって、今作からでも何とか話に入れます。

世界観は、ブレイド とかに近い感じで、
ヴァンパイアと、ライカン(狼男)が争ってる世界。

主人公セイリーンは、ひょんな事から、その抗争の裏側を知ってしまい、
ライカン(混血種)の相方とともに、
彼女の記憶の中に眠る、ライカンの親祖の幽閉場所を巡って、
大冒険がっ と、言うような感じです。

画面が全体的に,暗い映画ですね。
見せ方や、クリエーチャーの感じが、ガンシューティングゲームの、
ハウスオブザデット シリーズッぽかった印象でした。

まあ、普通に楽しめるアクション物でしたか。ねぇ。
悪くは無かったと思います。
[PR]

by maruharoco | 2006-04-23 22:39 | 映画 メモ
<< ゼノサーガⅠ・Ⅱ (その2) メルニボネの皇子 >>