読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

研修医 天堂独太

さて、すこ~し、古いゲームなのですが、最近遊んだこのゲーム。
d0034608_22444128.jpg

研修医 天堂独太

DS初期に発売されたこのソフトは、病院アドベンチャー。
結構オーソドックスな、AVGに、DSのタッチスクリーンを使って、
触診や手術をしていくという感じのゲームパートを組み入れたところが、
少し新しい、AVG。

なんとなく、GBAの、逆転裁判の亜流っぽい雰囲気と、
タイトルから、任天堂のソフトっぽく感じたりとか、
なにかと、パチモンくさい感じはしますが、
まあ、けっこう普通というか、むしろ古臭い(笑)、内容で、
意外と、安心して遊べましたかねぇ。

お話は。

三流大学の薮医大を出たばかりの研修医の天堂独太は、
なぜか、超一流病院の聖命病院に、研修医として呼ばれる。
そして、ひょんな事から、いきなり救急患者を診ることになり・・・。
と言う感じで、お話が始まります。

ちょっと笑ったのが、冒頭。
主人公が病院の前に立つところから、お話が始まるのですが、
そのときに、病院の正面の一枚絵が、表示されてるシーンから、
ゲームがスタートします。
その、独特のアングルの建物の絵といい、
いかにも、AVGって言う感じの短いフレーズが繰り返す感じの、
耳に残らない音楽といい、
一昔前のAVGだなぁ~っって感じがして、
懐かしさで胸かいっぱいになりました。(笑)

手術パートも、あまり奇をてらったものではなく、
シンプルに、タッチスクリーンをつかって、
トライアンドエラーを繰り返して進んでいく感じ。

全体的に、ゲーム自体はシンプルですこし、古い感じのデザインかな。

でも、こういう要素って、古株のゲーム好きにとっては、悪くないかな?
って感じもします。

自分は以前、逆転裁判をあそんだのですが、
あれは、携帯機のAVGとしては当時、斬新な味付けでヒットしましたが、
自分的にはあまりハマレませんでした。
AVGとしての、進行の旨み、というか、定石の良さを無視して、
格闘ゲームの幕間のストーリーパートの流れというか、
虹色町の軌跡とかのシナリオ構成のような、というか。
微妙な流れで進んでいくゲームが違和感を感じたのですよ。
それで、ちょっと、引いてしまったと言う過去があったのを思いだします。

少し、わかりにくい書き方だったかもしれませんが、
本作は、バタ臭い絵柄とは裏腹に、むしろ、古典的ともいうべき、
しょうゆ的というか、いかにもな感じが、個人的には心地よかったです。

ただ、後半のお話の展開はチョット首を傾げましたけどね。
コレが出たときよく言われていたのですが、
エイズに良く効く架空の新薬というのは、良くないと思います。
(完治するわけではないですけど。)
あと、話の閉めと言うか、主人公に出生のの秘密とか、
無くてよかったと思うのですが、どうでしょう。

続編も出てるので、お話については、今度、そちらを遊んでみようかな。
と、おもってるので、続きを見れば印象が変わるかもしれませんね。

全体的に、そこそこの難易度で進めますし、
まあ、胃にもたれない長さですし、個人的には、まあまあ。
ひさしぶりに、最後まで遊んでゲームですしね。

個人的には結構面白かったです。
[PR]

by maruharoco | 2006-05-13 23:23 | ゲーム メモ
<< RENT / レント トムヤンクン >>