読書メモ、ゲームメモ。

ダヴィンチコード

さて、また映画観てまいりました。
d0034608_21172133.jpg

ダヴィンチコード

ん~、結構話題の大作でしたけど、自分はイマイチ、かなぁ。

原作は読んでませんけど、下敷きになってる事柄については、
ある程度、わかってると思います。

でも、キリスト教に疎い、平均的日本人には、
すこし、酷な、内容じゃないかなぁ。とか。

ネタバレになってしまいますが、いきなりいってしまうと、
世界を揺るがす秘密、っていうのが、
キリストが妻帯している普通の人間で、
そのことが、ずっと隠蔽されてきた、ということなのですが・・・

は?ホントに神だとおもってたの!?
そんなのあたりまえじゃん、宗教裁判で隠蔽?、
そんなの、誰でもしってんじゃないの???

そこらへんを素で、まじめに議論されても、チョット引くかなぁ。(笑)

って言う感じで、バテレンでない私としては、
長い茶番に付き合わされた感じで、ちょっと・・・
まあ、キリスト教徒でも、そうおもうのかも、ね?

もっとも、教会の改築の、外を覆う、ビニールシートに、
この映画の広告がはいってて、教会側が激怒した
ってなニュースもあったから、信心深い人には、激怒もの?(笑)

でも、せめて、キリストは宇宙人で、人類はIDで作られた生物だった!
っていうネタだったら、まだよかったけど、なぁ。むう。
(それでは荒唐無稽すぎますが。)。

文献などから1つずつ謎を解いていく宝捜し物としても、
去年観た、ナショナルトレジャー と比べても、数段落ちるし、
ルパン に比べると、もう、まったく、ワクワクしなかったなぁ。

う~ん、まあ、話の種にはいいかな?とかおもいました。
ん、世紀の凡作 ってとこかな?
[PR]

by maruharoco | 2006-05-21 21:32 | 映画 メモ
<< UMAハンター馬子 完全版1 ハリーポッターと謎のプリンス >>