読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

嫌われ松子の一生

さて、今日も劇場へ。
d0034608_22264048.jpg

嫌われ松子の一生

この映画、たぶん、去年の今ごろから、予告編やってた気がします。
監督は、下妻物語の、中島哲也 。

だいぶ長い間期待していましたが、
今年に入ってから、原作の上巻を読んで…
チョット重いっていうか、救いがなさそうな、微妙な感じかなぁ。
等と思って、原作は下巻を読んでません。

CM等で観た感じでは、全然違う、派手な感じになっていますが、
どうなんだろうなぁ、と、不安一杯で観にいきました。

そのあたりの感想としては、意外に原作に忠実な筋運びという感じでした。
ミュージカル風味に関しては、RENTを観た後なので、だいぶ慣れて、
そういうもんだと、演出として自然に入れましたし。

さて、お話は、主人公の大学生が、ひょんな事から、
叔母の松子の訃報を聞き、松子のマンションの引き払いにいって、
次第に、その生き様と、死に様に迫っていく。といった感じ。
(注・映画は、もっと全然別なはじまり方をしますが(笑))

話の筋としては、松子の零落していく様を描いた、
救いの無い転落物語なんですが、
その原作の悲劇性を、ミュージカル的な派手な演出で、
娯楽作品として、悲喜劇に仕上げてますよね。

人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇 。

原作が好きな方だったら、首を傾げそうな気のする、
賛否両論ありそうな演出の数々ですが、
派手な演出を入れて、一歩引いた視点で語る事によって、
同じ話の筋でも、喜劇要素を高めた。そういうことなんでしょう。

邦画に良くあるような、ただ、暗いだけの映画作りで、
嫌われ松子の一生 を、映画化してたら、
とても観れたものじゃなかったでしょうし、
少なくとも私はそういうのは、絶対観ません。ええ。たとえ、無料でも。

その点、本作は、見終わった感想も(意外と、)爽やかで、
良かったですよ。ええ。

また、今回映画を観て気づいたのですが、この物語の事象って、
誰にでもありうる事柄を描いている、とも、
普通の人が体験するはずの無い、とんでもない人生、とも、
どちらにも取れる、出来事なんだなぁ。
なんて、チョット思いました。

しかし、この監督の映画の、冒頭って、
下妻物語もそうでしたけど、なんというか、唖然というか、
なんか、良くわかんないうちに始まってた。
そんな感じで、独特ですよね。

色々、映画の中に仕掛けも一杯あって、
なかなか楽しいですよね。
音楽もなかなかいいと思いますし。印象的で。

今年上半期で観た、映画12本の中で、
RENT、トムヤンクン と、並んで、かなり良かったです。
[PR]

by maruharoco | 2006-05-28 23:09 | 映画 メモ
<< NEWスーパーマリオブラザーズ UMAハンター馬子 完全版1 >>