読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スーパーマン リターンズ

さて、今日は、また映画鑑賞に。
じゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!(笑)
d0034608_1344112.jpg

スーパーマン リターンズ

はっきり言って、まったく期待してなかったのですが(だからかも?)、
なんか、意外に面白かったです。ええ。
基本的に、ヘタにひねったモノより、ベタな王道路線が、
好きなのですけどね。もともと。

しかし、この映画見る前は個人的に、
ネガティブな要素が多かったんですよ。

だいたい、いまどき、あんな派手な全身タイツ男(笑)が、
かっこいいヒーローなのか?ばかっぽくないか?
という感じがしてましたし。(みもふたも無いが。)
バットマンも、XーMENのウルヴァリンも、
最近の映画では、地味な色のボディスーツですしね。

それに、映画ではないけど、ジャスティスリーグでは、
バットマン達と、宇宙からの敵とかと戦ってましたし、
だいぶ前、一度死んで、4人の新スーパーマンとか、
出てきたりしませんでしたっけ?(よく覚えてないけど。)

それに、ずいぶん前から新作の噂はあったのに、
一向に出てこなかったですし。
また、二コラスケイジが主演なんて
噂なんかも、聞きましたし・・・。
ちょっと、風化した感が否めなかったんですよね。

そんなわけで、きょーび、あんなアメリカそのものを、
美化したようなヒーローなんかなぁ。なんて思ってましたよ。ええ。

それに、個人的に好きな、電子の要塞とかを、
無かった事にしてのリメイクとか、84ゴジみたいなことしてますし。
(84年のゴジラは、作品単体としては、好きですが。)

ことほとさように、まあ、ある意味、洒落で観るような感覚で、
観にいった次第なのです。

ですが、はじめの方のシーンで、
スーパーマンが、スタジアムに墜落してきた飛行機を受け止めて、
満員のスタンドが総立ちになって称えるシーンは、
正直言って、不覚にもシビレました。

できれば、あそこで、劇場内も総立ちになって、
USA!USA!とか言って、こぶしを突き上げるような、
劇場で観たかったかな。(笑)

本作では、ホントに、スーパーマンが、かっこ良く見えるように、
いろいろ配慮されていたと思いました。

空を飛ぶシーンもカッコイイし、感覚的に気持ちよい
シーン作りが徹底されていたと思います。

主演の、ブランドン ラウス も、ほんと、クリストファー リーブ似で、
スーパーマンっていうキャラクターに違和感なしで観れました。

設定や舞台装置なんかも、昔のそれを踏襲していて、
そういうところもよかったです。

てか、やっぱ、あの音楽が好きかな。

ベタでいいかげんにしろと言いたくなる人もいるかもしれませんが、
やっぱ、ピンチに颯爽と空を飛び駆けつけるシーンに、
あのテーマが流れるシーンがくりかえしありますが、
なんていうか、良いものは良い。って思いますよ。ええ。

もうだめか!と、絶望の中、見上げる空に決然と現れる雄姿。

それが、ヒーローってモノじゃないでしょうか?

最近、そういうのが足りないんじゃないでしょうか?
そういうのは、陳腐なのか!?古いのか!?リアリズムが無いのか!?
と、スーパーマンの活躍を見て興奮して、
思わず隣の人間を問い詰めそうになりましたよ!(ウソですが。)

まあ、お話としては、微妙な部分をぼかしてたりとか、
割とあっさりしてた部分もあったのですが、
でも、現代に、ずーパーマンを甦らせたと言う事実だけで、
個人的には満足でした。スーパーマン万歳!(笑)

あと、ルーサー役の、ケビン スペイシー も、良い感じでした。
なんか、もっと気難しい感じで演じて、
雰囲気が違うんじゃないかと思ってましたけど、
さすが演技派、そこらへんもできるんですね。

頭がずば抜けていいけど、やっぱバカって感じの、
憎めない悪役でよかったです。

別に、もともとスーパーマンに特別な思い入れが
あるわけではないですが、
今回は、観てスッキリした気分でした。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-21 03:14 | 映画 メモ
<< ファイナルファンタジー 3 魔法の国 ザンス 3 ルーグナ... >>