読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

シャイニングフォースネオ

最近買ったゲームの中では、セガのシャイニングフォースネオ 
が、一番だったかなぁ。すでにちょっと古いですが・・・

私は、シャイニングフォースは1作目からあそんでいますが、
正直、懐かしさを感じるシリーズですよね。

ゲームとしては、今回はアクションRPGになってます。
最初、ナンバリングされてないとはいえ、一応、シリーズの
正規タイトルであると言われていたのでどうかなぁ。。 
と、思っていましたが、
ここ最近、ティアーズであるとか、ソウル1.2など、皆このジャンルなので、
これはこれで良かったのかもしれません。

でも、昔のシャイニングウイズダムのマイナスイメージを引きずりつつも
パッケージを手にとってみると、なんと言うか、
微妙な感じのイラストが目につきます。

そういえば、シャイニングフォースシリーズって。
昔からよく、キャラクターデザインが、コロコロ変りましたよね・・・
今回の絵柄は、たしか、ちょっと前までマガジンで書いていた人。
この人の絵柄って、きらいじゃないというか、むしろすきなんですが、
なんか、イメージがあわないというか、眉毛が・・・
ちょっと始めるまでは不安だったのですが。

で、ゲームを始めてみると、意外にいい感じなのに気がつきます。
オープニングの、絶望と希望 は、上品な感じで、
始めるまでの印章を幾分やわらげてくれますし、

システムなども、始めはわかりにくいのですが、
MMOをやっているので、韓国系MMOのそれに似たシステムですので、
以外に、すぐ馴れました。

MAPなどは、始まってすぐに移る主人公の故郷の樹上の都市が、
(後々でないと行けない所が多いので)
無駄にだだっ広くて迷うのですが、まあ、わからないほどではないです。

戦闘は、じつは、始まってしばらくは、
ほとんど敵からダメージを受けません。
なんか、片っ端からちぎっては投げ、ちぎっては・・・
という感じなのですが、
主人公が、使命を受けて、故郷を旅立つ時から、
バランスの取れた戦闘になります。
(じつは、始めは、後になってから行くべきルートにはいってしまい、
なんでこんなにつよいんだ=!と、叫びながら進んでいました・・・。)

このあたりまでくると、ゲームが結構面白いのに気づきます。

キャラデザについても、慣れる、というか、逆に愛着がわいてきて、
いままでで、一番良いかな?と、思うようになりました。
いまでは、眉毛なくして、シャイニングフォース無し!と、思うほど。(笑)

戦闘も、結構楽しめます。
私は、その後、氷系魔術師に特化していったのですが
人によって、また、状況に応じて、戦い方に幅があるのも
このゲームの良いところですね。
ただ、だいぶ後になるまで、回復アイテムが、
泉で補充できる事に気づかずに、使い惜しみしていたので、
回復がたいへんだなぁ、と、思ってました(笑)

あと、いつでも街に戻って、その同じ場所に戻れるシステムは、
非常に良いと思います。MMOにも標準装備してほしいくらい・・・

まだ、半分超えたかな?という辺りまでしかいってませんが、
なかなか良い感じだと思います。

このゲームを作ったネバーランドは良い仕事しますよねぇ。
でも、なかなか、売れるゲームを作れないのが、難点なのでしょうか。

てなところが、今の総評です、続きは、いづれ。
[PR]

by maruharoco | 2005-05-02 03:17 | ゲーム メモ
<< ファイアーエムブレム ゲームの記録 >>