読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

さて、芸術の秋、ってなわけで、映画鑑賞に。
d0034608_2341923.jpg

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

カーアクション映画のシリーズ3作目。
今回は東京を舞台に移して、改造車がバトルしまくります。
てか、このシリーズ観るのは初めてですが、
とくに、話とかはつづいてないみたいですね。

ところで、いままで、派手なカーアクション映画は観ましたが、
フィクションであり危険である旨のテロップが出る映画ははじめて。(笑)

さてお話は、アメリカのハイスクールに通うショーン・ボスウェルは、
ひょんな事からレースをする事になり、無茶しすぎで捕まってしまいます。
そんなわけで(ここらへんアメリカの法律が良くわからないのですが。)、
少年院に行くよりは、と、米兵の父親の住む日本に転がり込んできます。

車に乗らないで、静かに暮らす約束のショーンでしたが、
また、ちょっとした事からレースをする事になるのだが・・・

と言った展開です。

ちなみに、主人公が日本で高校に通う事になるのですが、
あんなに学生服が似合わない主人公ははじめてみた。(笑)

どうみても未青年じゃないし、詰襟が世界観違いすぎ。(笑)

あと、この世界の東京は、まともな日本人が少なすぎる気が…
まあ、渋谷の街は、あんなもん(?)なのかも知れませんが。

どうでもいいけど、主人公のライバルの通り名が、
D・K、なわけですが(意味はドリフトキング)、
なんとなく、土屋圭市を、思い出すなぁ、とか思ってたら、
かかわってるんですね。てか、チラッと出演してますね。
そして、相変わらず、言葉に独特の味がありますね(笑)。

レースシーンは、結構面白いかな。
ストーリー部分はメチャクチャですが。
ええ、かなり破天荒だと思います。

そういえば、この映画、日本人が日本語で話すシーンは日本語、
それ以外は英語なのですが、科白によっては日本語に、
英語に字幕がかかるシーンがあって、それらのシーンの、
声の録音の感じが、全然違って、なんか笑いました。

とくに、麻雀卓を囲み真柄シリアスなやり取りをした後に、
「さあ、やろうか!」って叫んでマージャンはじめるシーンがありますが、
このセリフだけ、凄く妙な感じでした。逆にカッコイイ。(笑)

あと、カマタ組長 って言う役で、千葉真一 がでてるのですが、
これが、しぶくて、でもチョット変で、好演でした。

う~ん、全体としてはまあまあかなぁ。
日本の描写はなんか、色々観る所があって面白かったですね。
[PR]

by maruharoco | 2006-09-18 23:49 | 映画 メモ
<< 英雄伝説 ガガーブトリロジー ... FF3 その4 ~負けるな!魔剣道~ >>