読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

セツの火

さて、今年は、ADVの注目の作品が結構あって、
なかなか活況を呈しているようですが、
そんな中にあって、私が最も期待していたのがコレです。
d0034608_08393.jpg

セツの火

さる4月4日にDLスタートしたADV。
いや、選択肢の無い作品なので、
厳密にはゲームとはいえないのですけどね。

以前、ACT1の体験版のことを記しましたが、今回は製品版。全七章。
製品版は、ACT2からも始められる親切設計なので、そこから進みました。
現在、ACT4まで進んだところですが、先ほど、
ACT1を読み直したりしました。対鍵版との違いは、微妙かな。

感想としては、なかなか読ませますね。セツの火、面白いです。

舞台設定としては、ゾンビ物の映画みたいな感じで、
表ざたにはなっていませんが、ひょんな事から鬼に変化してしまう物質が、
世界中にあふれ出しててしまっていて、
ほうっておけば、いずれ全人類が、人食い鬼になって滅びてしまう。

そんな舞台背景で、主人公の、和泉 刹 は、
兄の変死、救界学園からの、急な推薦編入をへて、
地下に秘密の研究施設を持つその学園で、
次第に戦いに巻き込まれていくのだが・・・

物語は、そんな感じ。
静かな感じから始まって、なかなか、読ませてくれますし、
文章は読みやすいです。

で、次は絵かな。これは一寸、地味というか、癖があるかな。
もっとも、最近のADVは、絵に癖があったほうが、
むしろ、評価されるようなところがありますし、
いかにもな、絵柄を避けたかったのかもしれません。演出的に。
d0034608_0463518.jpg

でも、一寸怖いかな。これは。(笑)

登場人物は、個性的な面々がそろっているというか、
80年代っぽい人から、普通な人や、いかにもな人まで、色々。

体験版の時も思いましたが、一番興味深いのは、
劇中では故人ですが、主人公の兄の、和泉 将明 でしょうかね。
d0034608_033202.jpg

ストーリー的にも非常に重要な人物でで、いたるところに、
その名前と痕跡を残していますが、いつも同じポーズで出てきて、
アドバイスする回想シーンが印象的ですね。個人的に。

主人公は、わりとヘタレ系というか、ウジウジ人間なんですが、
それでも、熱いところもある人物で、
最後まで悩み倒して終わりって事は無い感じかなぁ。如何でしょう。
主人公の成長を見守りたいものです。(笑)

とりあえず、まだ中盤なので、最後まで楽しめるかな。
[PR]

by maruharoco | 2007-04-16 00:45 | ゲーム メモ
<< スパロボ W その2 モンスターワールドコレクション >>