読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英雄伝説 空の軌跡FC

さて、今日買ってきたもう一本。
d0034608_23563669.jpg

英雄伝説 空の軌跡FC

これは、発売してから結構経ってますが、
英雄伝説シリーズの4作目のPSP版。
FCとなっていますが、もちろん、ファミコン版ではなく、(笑)
ファーストチャプターという意味です。要するに終ってません。(苦笑)

ところで、このシリーズも、タイトルのナンバーが複雑なシリーズで、
もともと英雄伝説シリーズは、ドラゴンスレイヤー英雄伝説から
始まっていて、勿論、商品的には、ドラスレの流れも汲んでいます。

ドラスレの6作目として、アクションではないRPGとして発売され、
その後、独立して、英雄伝説1と2.
さらに、世界観が変わった新英雄伝説。
これがさらに独立して、ガガープトリロジーとして、英雄伝説1~3

さらに、世界観が変わって、独立した、新シリーズの空の軌跡が3作。

ことほと左様に、モンスターランドシリーズ以上に、
複雑なナンバリングの歴史を持っていて、強引にドラスレから数えれば、
11作目とも言っていえない事もなく、歴史の重みを感じます。

ゲーム自体はオーソドックスなRPGですね。
世界観は、産業革命時代っぽい世界観で、
主人公の設定は、よく、荻原 規子っぽいと、評されてますよね。(笑)

ゲームを始めてまず驚くのは、最近DSばかりしていたために、
久しぶりにPSPのゲームの画面を見たら、
異常に美麗な事でしょうか。(笑)

物語は、まず、小さな女の子が、一人で父親の帰りを
待っているところから始まります。
おそらく回想シーンなのでしょう。オルゴールの音楽が、
情緒的な雰囲気を出してます。

帰りの遅い父親を待ちながら、
「あーつまんない。」
「ゴハンの前にもう一度、棒術の練習でもしよっかな。」
などと、一人ごちる科白から、只者ではない事が伺えます。(笑)

その後、いかにもわけありの少年を父親が連れて帰る所から、
回想が終わり物語が始まります。

その後、主人公たちコンビが、ギルドの試験を受ける運びとなります。
どっかで見たような感じの流れですが、
よく考えてみれば同シリーズの、朱赤い雫も、そういう流れでしたね。(笑)

音楽はまあまあ、テーマとなるフレーズが、繰り返し出てくるところは
演出としては、結構好きかな。

あと、今回から、ファルコムが、直接移植しているので、そこら辺は、
今までと違って安心でしょうか。

ロードなんかは、そんなに気にならない程度です。
朱赤い雫なんかは、戦闘中、魔法を使う度に読み込むので、
ばかばかしくなってやめましたからねぇ。(遠い目)

けっこうおもしろそうなので、最後まで、行けるといいのですけどね。
[PR]

by maruharoco | 2007-05-20 00:41 | ゲーム メモ
<< スパイダーマン3 FF 12 レヴァナント・ウイング >>