読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スパイダーマン3

怪奇蜘蛛男

さて。今日は久しぶりに映画館へ。
いざ銀幕の世界へ!ってな感じで観に行きましたとさ。
観たのはこちら。
d0034608_0265539.jpg

スパイダーマン3

封切から、一月近く経って、旬は過ぎたきらいはあるけど、
う~ん、まあまあだったかな。

ていうか、私、このシリーズ1.2と見逃してるんですよ。
そういうわけで、このシリーズのノリが、いまひとつ、
わからなかったので、初め、戸惑いました。

しかし、スパイダーマンなら、幼少の折、TVでバッチリ見ましたよ。
ええ、東映のやつを。
アレに比べると、いま3つ、くらいいかな。(ホントか?(笑))

まあ、アレには及びませんでしたが、まあまあ。
今回はいままでの出し惜しみがウソの様に、敵が出てきます。

どんな連中かといえば・・・
ニューゴブリン ※ぶっちゃけ、悪のバットマン。というか、エウレカ7。
サンドマン ※スナスナの実の能力者。というか、サンシャイン。
ヴェノム ※なぜか扱いが悪く、いまいち活躍しない。

と、なんか、微妙な解説をつけたくなる、この3人が、
我等がニューヨーカーの星、スパイダーマンと、あいまみえます。


前半は、中だるみ?

とりあえず、お話の進行は、強引勝つ無責任です。
いきなり、ニューゴブリンが襲ってきて、返り討ちにあって、
そんでもって、記憶喪失になったり。

隕石がすぐ近くに落ちてきてもまったく気づかずに、
中から出てきた謎の生物が家まで付いてきたり。

脱獄囚が、唐突に、素粒子実験施設に迷い込んで、
何の脈絡も無く、サンドマンになったり。

正直、投げやりかなぁ。

それはそれとして、このシリーズは人間ドラマにスポットを当てていて、
登場人物に色々葛藤、ジレンマがあるわけですが、
それが、結果的に、弱い人間ばかりのお話にしてますよね。

主人公は、わかりやすく、調子に乗ってますし。
ヴェノムのせいだけにはできないでしょう。あのバカ騒ぎは。

ヴェノムも、最終的な宿主が、一寸、ダメ人間すぎかなぁ。
どうせ、ダメな宿主なら、ラングリッサー3のボーゼルのように、
味のある敵役になってほしかったけど、ちょっと、ねぇ。

サンドマンは、シュワルツネッガーの偽者みたいなおっさんですが、
色々エレジーは感じれるのですが、やはり、なんというか・・・。

そんな感じで、アクションをはさみつつ、ドラマは展開していきますが、
ヴェノムの所為で、凶暴化した黒スパイダーマンによって、
ニューゴブリンはあっさり敗退。

サンドマンは、水スパイダーマンってな感じ?
いや、砂は水に弱い~!
ってな感じで流されていってしまいます。(笑)
人間でも、やればできます。(笑)

その後、やっぱ、これじゃあイカンと悟ったスパイディによって、
切り離されたヴェノムが調子よく下にいたエディにとりついて、
ちゃっかりヴェノムになったから、さあ大変。

やっぱり生きていた、サンドマンと共闘して、
MJを人質に、スパイダーマンに宣戦布告します。


レオパルドンは必要!

てか、ここで、ハリーに協力を頼みに行くのは、チョット・・・。
まあ、断られるのですが、この後執事があることを告げたりして、
やっぱり、バットマンっぽくなってしまいます。

ていうか、前半は情けなかったけど、後半のハリー、
無駄にかっこよすぎだと思いますが。
タイトル、ニューゴブリンにしたほうがいいかもね。(笑)

あと、巨大化したサンドマンには、
やはり、ハリーの家の地下から、巨大ロボを呼んで、
巨体同士の戦いでいって欲しかった。(笑)
ちっ、やっぱ、むりだったか。(笑)

サンドマンの弱点は、やはり、音かな?っ手思ってましたが、
音はヴェノムの弱点でしたね。

あと、結局、二人とも死なないみたいな感じだしなぁ。
(人間一人は、アノ程度の爆発では消えてなくならない。)

とまあ、その後、最後は結構感動的に終りますが、
そこら辺は良かったかな。

でも、全体的には、もうひとつかなぁ。

無駄な人間ドラマは省いて、ヴェノムをもっと見せて欲しかったかも。

監督は、もう3部作やりたいといってるので、
ポシャらなければ、次に期待かなぁ。

次こそ、レオパルドを!
そして、その次では、ヴェノムの巨大ロボと合体とか。(笑)
ぜひ!
[PR]

by maruharoco | 2007-05-28 01:28 | 映画 メモ
<< FF12 レヴァナントウイング... 英雄伝説 空の軌跡FC >>