読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

さて、買ってきました。
d0034608_9191996.jpg

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

Wii 期待の新作。個人的にも非常に楽しみにしてました。
まだはじめたばかりで、ただいま、第2章~疑惑~ 。

ドラクエソード、感想としては、まあまあかなぁ。

おそらく、誰もが思うことだとは思いますが、街での移動がかったるいです。

DQ8 を踏襲した感じに、したのでしょうけれど、
8を作った、たレベルファイブ のダーククラウド に、似たダルさが有ります。
たぶん、街はフィールドみたいに1枚絵とかでもよかったかな。

そんな風に考えていたら、ふと、
シャイニング アンド ザ ダクネスス っていう、ゲームを思い出しました。

4当時のドラクエを作ったスタッフ(高橋兄弟や、内藤 寛 )が、外に出て作った、
セガ のシャイニングシリーズの一作目で、3DのRPGです。

このゲームでは、街は簡略化されて、移動がだるくない感じです。
今のDQを作ってるスタッフと、以前のDQスタッフでは、
センスの質が違うなぁ、なんて、考えさせられますね。

あと、戦闘は結構おもしろいですけど、剣の狙いは甘いかな。
適当に振ってても先に進めますが、狙おうとすると、当たらない。(笑)
ターゲット指定できるので、問題ないですが、
個人的に、横切りが、斜めに入ることが多いので、イラッとくる事があります。

てか、もっと、モンスターがワラワラよってきて、そこをなで斬りにするほうが、
面白かったかな?
もっとも、戦闘は、この方がDQらしいですし、
ずっとリモコン振ってると、手が疲れるので、
コレはコレで、結構おもしろいから、良いです。

あと、やっぱ、シールドを、ヌンチャクで使えたほうが楽しかったかな。
片手操作のほうが、手軽で良いんですけどね。
なんていうか、もっと、成りきったプレイをしてみたかったかなぁ。(笑)

と、こんなところが、チョコッとやってみて、思ったところです。

このゲームの最大の魅力は、やはり、
慣れ親しんだ、DQ の世界で遊べるって事と、
剣を振るっていう、直感的で、新鮮な遊び方にあると思います。

日本人は、やはり、剣を振り回すゲームが好きなので、
リモコンを、剣に見立てて振り回すのは、理にかなってると思います。
振る感じが、画面の効果と、音とあいまって、独特の興奮があります。

往年のARPGダークセイバー 風に言えば、
リモコンを振る、フリフリ体験は一度ハマったら、もう病み付きだ。
RPGもついに、フリフリ時代に突入する。
ってな感じでしょうか。(笑)

グラフィックは、PS2くらいの感じですが、すこし、発色が鮮やかでしょうか。
DQ8にくらべると、かなり、鳥山 明 っぽさが、足りないですけどね。(笑)

戦闘画面は、こんな感じです。
d0034608_9572188.jpg

って、いきなりピンチっぽい感じですが。(笑)
オークにボコられて、仲間の王子に、ホイミをかけてもらってる所です。

こんな感じで、HPが減ってくると画面が赤くなって、ピンチを知らせます。
なんていうか、あせりますが、このゲーム、戦闘が全体的に騒がしく、
つねに、あせりっぱなしの気もします。(笑)

物語は、とてもオーソドックスで、わかりやすい感じですね。
また、DQにしては珍しく、重要なシーンでは、音声付で喋ります。
ただし、セリフに、行間を読めるような、間と、深さが少し足りないかな。

そんなあたりが、DQというよりも、FFっぽい気が少しします。

音楽は、普通かな。
いつものDQな曲はやはり落ち着きます。
それ以外は、まあまあ、っていうか、それほど耳に残らない感じ。
雰囲気はDQっぽいので、問題は無いかな。

全体的には、今のところ、」まあまあといったところですが、
結構面白いので、急性Wii炎になるくらい、遊びまくりましょうかねぇ。(笑)
[PR]

by maruharoco | 2007-07-15 10:37 | ゲーム メモ
<< ドラクエソード その2 Wii 買いました >>