読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ファイナルファンタジー 3

d0034608_18141.jpg

そのグルガン族の男は 静かに語った…
この大地震ですら 単なる予兆に過ぎぬと
で、始まる冒頭のメッセージ。なつかしいなぁ。

さて、言うまでも無く、買って来ました。

ファイナルファンタジー 3 (DS)

DS版は、凄く期待してましたので、実際如何でしょうか。
2時間ほど遊んで、やっと、ジョブチェンジする所まで来ました。

いま、シドが仲間になりましたので、この後大岩に飛空挺ぶつけて、
飛空挺が無くなって、その後、全員魔道士にしないとだめでしたか。確か。

FC版は、VSガルーダ戦くらいまでが好きで、4回くらいやったかな。

ヘンな裏技も多くて、いろいろ試しながら、かなりあそんだなぁ。
あんなに一つのゲームを何度もいろいろやってみたのは、
FF3だけでした。ほんと、FC版は名作でしたね。

で、DS版ですが、如何でしょうか。

ポリゴンにしちゃったのは正直どうかなぁ、っておもいます。
FF4が、GBAで、結構よかったので、あんな感じにして欲しかったかな。
まあ、色々、大人の事情があるのでしょうけど。

移植が、WSC版の予定からいろいろあって、
DS版が、何とか発売されたので、ホント、いろいろ合ったのでしょうね。

キャラクターの、名前と性格づけなどのアレンジは、
正直いらない気もしますけど、結構すんなり抵抗感無かったです。

ただ、序盤のストーリー強化のために、ジョブチェンジできるのが、
結構後になってるので、少し、ストレスがあったかなぁ。

NPCキャラクターは良い感じでしょうか。
Yボタンで喋れたり、戦闘中、召還獣のように現れて
攻撃してくれるのも良いです。

サラ姫もシドも、元の雰囲気をうまく残していて、良い感じ。

その点、主人公4人は、なんか、見た目FFTみたいな感じで、
チョットなじめません。一人目がなんか、下膨れでかっこ悪いし。(笑)

でも、赤魔道士に、弓を装備させておくと、
赤き射手 ラッキールを髣髴とさせて、天野画っぽいですかね。

戦闘はかなりよくないかな。

まず、戦闘に入るときと終わりが、若干時間がかかって、
(ロード時間みたいな感じ?)ちょっと、快適じゃないです。

それから、モンスターデザインが、かっこ悪すぎです。
天野画が、ヘボイポリゴンになってて、ボスでも結構小さいし。
とにかく、かっこ悪い。演出効果を差し引いても、ホントかっこ悪い。

あと、敵が、大概2体、多くて4体しか出ないのも、X。
バランスは結構きつめな割に、戦闘に緊迫感がありません!

と言った感じが、現在の印象です。

個人的に思い入れが強いので、
感覚的に、悪くなったと感じる所が凄く癇に障ってしまいます。

昔の作品なので、いまやって見ると遊びにくい部分が多いはずなので、
それを、結構遊びやすくアレンジしてあるのはいいと思うのですが。

とりあえず、意外と細かい所まで覚えてる自分自身にビックリしつつ、
追体験と新鮮な感覚を織り交ぜながら、
この先遊んでいって、コンプリートできるといいかな。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-28 01:50 | ゲーム メモ

スーパーマン リターンズ

さて、今日は、また映画鑑賞に。
じゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!(笑)
d0034608_1344112.jpg

スーパーマン リターンズ

はっきり言って、まったく期待してなかったのですが(だからかも?)、
なんか、意外に面白かったです。ええ。
基本的に、ヘタにひねったモノより、ベタな王道路線が、
好きなのですけどね。もともと。

しかし、この映画見る前は個人的に、
ネガティブな要素が多かったんですよ。

だいたい、いまどき、あんな派手な全身タイツ男(笑)が、
かっこいいヒーローなのか?ばかっぽくないか?
という感じがしてましたし。(みもふたも無いが。)
バットマンも、XーMENのウルヴァリンも、
最近の映画では、地味な色のボディスーツですしね。

それに、映画ではないけど、ジャスティスリーグでは、
バットマン達と、宇宙からの敵とかと戦ってましたし、
だいぶ前、一度死んで、4人の新スーパーマンとか、
出てきたりしませんでしたっけ?(よく覚えてないけど。)

それに、ずいぶん前から新作の噂はあったのに、
一向に出てこなかったですし。
また、二コラスケイジが主演なんて
噂なんかも、聞きましたし・・・。
ちょっと、風化した感が否めなかったんですよね。

そんなわけで、きょーび、あんなアメリカそのものを、
美化したようなヒーローなんかなぁ。なんて思ってましたよ。ええ。

それに、個人的に好きな、電子の要塞とかを、
無かった事にしてのリメイクとか、84ゴジみたいなことしてますし。
(84年のゴジラは、作品単体としては、好きですが。)

ことほとさように、まあ、ある意味、洒落で観るような感覚で、
観にいった次第なのです。

ですが、はじめの方のシーンで、
スーパーマンが、スタジアムに墜落してきた飛行機を受け止めて、
満員のスタンドが総立ちになって称えるシーンは、
正直言って、不覚にもシビレました。

できれば、あそこで、劇場内も総立ちになって、
USA!USA!とか言って、こぶしを突き上げるような、
劇場で観たかったかな。(笑)

本作では、ホントに、スーパーマンが、かっこ良く見えるように、
いろいろ配慮されていたと思いました。

空を飛ぶシーンもカッコイイし、感覚的に気持ちよい
シーン作りが徹底されていたと思います。

主演の、ブランドン ラウス も、ほんと、クリストファー リーブ似で、
スーパーマンっていうキャラクターに違和感なしで観れました。

設定や舞台装置なんかも、昔のそれを踏襲していて、
そういうところもよかったです。

てか、やっぱ、あの音楽が好きかな。

ベタでいいかげんにしろと言いたくなる人もいるかもしれませんが、
やっぱ、ピンチに颯爽と空を飛び駆けつけるシーンに、
あのテーマが流れるシーンがくりかえしありますが、
なんていうか、良いものは良い。って思いますよ。ええ。

もうだめか!と、絶望の中、見上げる空に決然と現れる雄姿。

それが、ヒーローってモノじゃないでしょうか?

最近、そういうのが足りないんじゃないでしょうか?
そういうのは、陳腐なのか!?古いのか!?リアリズムが無いのか!?
と、スーパーマンの活躍を見て興奮して、
思わず隣の人間を問い詰めそうになりましたよ!(ウソですが。)

まあ、お話としては、微妙な部分をぼかしてたりとか、
割とあっさりしてた部分もあったのですが、
でも、現代に、ずーパーマンを甦らせたと言う事実だけで、
個人的には満足でした。スーパーマン万歳!(笑)

あと、ルーサー役の、ケビン スペイシー も、良い感じでした。
なんか、もっと気難しい感じで演じて、
雰囲気が違うんじゃないかと思ってましたけど、
さすが演技派、そこらへんもできるんですね。

頭がずば抜けていいけど、やっぱバカって感じの、
憎めない悪役でよかったです。

別に、もともとスーパーマンに特別な思い入れが
あるわけではないですが、
今回は、観てスッキリした気分でした。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-21 03:14 | 映画 メモ

魔法の国 ザンス 3 ルーグナ城の秘密

さて、お盆に帰省した折、昔読んだ本を、何冊か読み返してみました。
その中で一番おもしろかったのは、これでしょうか。
d0034608_304760.jpg

魔法の国 ザンス 3 ルーグナ城の秘密

アメリカのビアズ アンソニー の書いた小説のシリーズで、
日本で出版されたのは、1984年。

結構古い小説で、今読むと、結構ゴシックというか、
意外に古めかしい感じというか、若干堅い、感じ。

このシリーズ、今回は、2.3.4.と、3冊読みましたが、
この3巻が一番面白かったかな。
というか、このシリーズ3巻までは本当に面白かったですね。(笑)

ことわっておきますが、ザンスっていうのは、
おフランス帰りの、イヤミの、口癖とかでは無く(笑)、
そういう固有名詞です。念のため。あしからず。

4巻以降、なんか、駄洒落とか、悪ふざけが多くなってくるんですよね。
基本ダジャレは好きですが、いい加減くどいのと、
大人の陰謀とか、何時までぐだぐだ言ってるんだ!とかそんな感じ。
(って、読んだ事ないと、なに言ってるかわかりませんよね。)

特に、最近(この時点で十数巻でてますが。)のは、ひどすぎて、
15巻のゴブリン娘と魔法の杖で、途中で読むの辞めて、
それ以後読んでません、このシリーズ。

さて、話を戻して3巻の、ルーグナ城の秘密。

このお話では、はじめの主人公、ビンクの息子、
弱冠12歳の魔法使い、ドオアが主人公です。

ザンスの国は魔法の世界で、ザンス生れの人間は、
必ず一つ、それぞれ、異なった魔法の力を持っています。

そして、その中でも、特に稀有で強力な魔法の力を持つ人間が、
魔法使い、もしくは魔女と呼ばれるのが面白いですね。

ザンスの王さまは、伝統的に男の魔法使いの中から一人選ばれ、
国を治めることになります。

主人公のドオアは、生まれながらにして、無生物すべてと話す力、
というか、石でも雲でも湖でも、声を出して話させる力を持って生れた為、
魔法使いとして、将来王になる運命を背負わされて日々暮らしています。

子供達の中では、それはつまらない力だと思われている為、
友達がいなかったり、幼馴染の王女のイレーヌは、王の娘ではあるけれども
魔法使い級の力を持っておらず、しかも女の子な為、
王にはなれ無い事をすねて、ドオアにあたったりします。

ドオアは、魔法の力のことや、人間関係、そして、将来否応無しに、
王にならなければならないという重圧に日々悩んでいたのでした。

そんなドオアは、家庭教師のミリーに、ほのかな恋心を抱いています。
ですが、ミリーは800年前に一度死んでいて、最近(2巻)まで、
幽霊だった為(というかなんというか)、同じ白で知り合った、
ジョナサンという、婚約者のゾンビーがいます。

ドオアは、ミリーのために、ゾンビーのジョナサンを甦らせるべく、
800年前にいたというゾンビーの頭 と呼ばれる魔法使いに会う為に、
特殊な魔法の力で、過去の世界に旅立つ事になるのだが・・・

というような感じ(だったかな?(笑)。)で、
物語は進んでいきます。

この後、過去の世界でドオアは、とある戦士に乗り移っているので、
屈強な戦士ドオアと、まだ幽霊になる前のミリー17歳と、
巨大な蜘蛛のジャンパーの3人(?)を中心に物語りは進んでいきます。

3人は、過去の世界の権力闘争に巻き込まれ、
世捨て人のように外界と関係を絶っている隠者の、ゾンビーの頭に、
助力を頼みに行くことになるります。

が、ゾンビーの頭って、その偏った力のために、世を拗ねている上に、
いわゆるネクロマンサー的な、やせ細った風貌のわりに、
意外に厳格で高潔な、良い人なんですよね。

本作で、一番印象に残った科白は、ゾンビーの頭に、
願いを聞いてくれたらなんでもします。と懇願するミリーに対して、
「お前は・・・・・待てるのか?」 
という、ゾンビーの頭の言葉でしょうか。

まあ、この時点で物語の結末は、もう、あらかた読めるわけですが、
それを考えると、この言葉はとても重い科白ですよね。

王たるものは、自分に出来ない事を、他人に強要しない。
というような教訓が含まれていますよね。

タイムパラドックス物(?)としては、よくできてるかなと思いますし、
物語りも、とてもよく出来ていて、いま読み返してみても面白かったです。

そういえば、読み返して思い出しましたが、
8巻の幽霊の勇士 は、このお話の焼き直しっぽいですね。
って、8巻も凄く好きなお話ですけどね。

こちらは、幽霊のジョーダンが、ドオアの娘のアイビーに、
400年前の出来事を語る、という構成で、
嘘と裏切り、というか、皮肉な、本当の嘘、というようなテーマで、
3巻が、信頼や理解、融和といったテーマなのと好対照でしょうか。

時期国王を決める魔法使い同士のゲームであったりとか、
愛ゆえの自己犠牲(?)とか、冒険を終えて、
今まで憎く思っていた相手に、別の見方ができるようになるとか、ね。
そこらへんは共通項でしょう。

さてさて、少し長い上に取り留めなくなってしまいましたが、
って、いつものことか(笑)。
ほんと、なかなか楽しかったです。

ザンスシリーズはアメリカで30巻近く出ている上に、
今でもつづいているそうなので、また、気を取り直して読んでみようかな。
なんておもうのですが、どうでしょうか。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-20 04:02 | 読書 メモ

ディープラビリンス

さて、DSのFF13が楽しみな今日この頃ですが、
とりあえず、また一つ、ソフトを購入してきました。
d0034608_145257.jpg

ディープラビリンス

結構以前に出たゲームなような気もしますが、
今回、なんとなく、購入してみました。

古の3Dゲーム、ディープダンジョンを思い出すタイトルだなぁ、
とかおもいましたが、元は携帯アプリのゲームなんですね。
d0034608_1452633.gif

画面はこんな感じ。

悪くないんですけど、チョットデザインが垢抜けないかなぁ。
あと、3Dモノとしては、同じようなMAPが連続していて、チョットなぁ。
もっとも、まだ始まったばかりなんですが。
というか、まだ、チュートリアル段階なのかな?

もう少し進まないと、判断つかないですけど、
でも、キャラクターの子供だましな感じの垢抜けなさと、
セーブが何処でも出来ないのは、やっぱり微妙な所でしょうか。

携帯版のシナリオもあるのですが、
こちらはうって変わってシリアス路線。MAPも、初めから、
ダンジョン風ですが、こちらは打って変わって説明なし。
しかも、暗い雰囲気。なんか、両極端なんですよね。(笑)

OPなんか、見せ方としてよく出来てますし、
常に、二画面を、うまく使ってるところも良いです。

ウリの、タッチペンを使った戦闘や魔法も、良いと思うのですが、ただ、
基本的に、セーブの選択とかまで、無理にタッチペンをつかったりとか、
+キーと、Aボタンを、もっとつかってほしいっていうか、
ワザワザタッチさせる操作が煩雑で、うっとおしいです。

ルソーがその辺よく出来てただけに、余計そう思うのでしょうか。

でも、これからおもしろくなるかな?
とりあえず、進めていきましょうか。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-20 02:07 | ゲーム メモ

怪盗ルソー その3

さて、怪盗ルソーコンプリートいたしました。やった。
今年はクリアしたゲームは2つ目。
例年より多いな。(笑)

第3話は、今度は宇宙人とのたたかい。
インチキ探偵や、インチキ超能力者の後にしては、
急にスケールが大きくなったなぁ。とかおもっていたら、やはり・・・

第3話は、少し謎が面倒だったかな。
d0034608_0505480.jpg

↑の入力なんか、よくわからなかったけど、 
なんかよくわからないうちに正解でした。(笑)

今回のお話では、ルソーがくじけ、そこからもう一度立ち上がる所が、
お話が盛り上がったかな。

ルソーのおじいさんのミリオンマスクも登場して、ルソーを薫陶しますが、
このとき、見事に、犬や小さな女の子に変装しています。
劇中で、顔しか変装してないルソーですが、
(EDで突っ込まれてるのが、微笑ましい(笑)。)
他の人には、ああ見えてるんでしょうね。(そうなのか?(笑)。)

この作品、エンディングのスタッフロールが、
番外編のような寸劇になってて良いですね。
映画を意識したEDは、退屈だなぁ、と、いつも思ってましたが、
本作では、そこらへん良いと思いました。

EDで、ルソーの名前は、ルパンのルと、20面相のソウから取った、
と、ミリオンマスクが言っていますが、
そうだったのか・・・。と、言われるまで気づきませんでした。(笑)

本作は、如何でしょう。3話ってのは、少し短いかなぁ。
とか思いますし、また、あまりに平易にマンガチックな世界観、
というか、ツッコミどころがありすぎな、キャラクターや物語など、
微妙な所も多いですが、全体でみると、
まあまあ、かなぁ、と、思いました。

次回作が、もっとまとまって出来てきたら、
次は、名作になるかもしれませんね。期待します。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-20 01:08 | ゲーム メモ

セツの火

さて、久しぶりに、ゲームシナリオや、監督をなさっている、
遠藤 正二朗 さんの新作が発表されて、大変嬉しいです。

セツの火

http://www.media-vision.co.jp/soft/setsunohi/

昔から、独特のお話を書く方で、最近音沙汰を聞かなかったのですが、
久しぶりに新作。長生きはするものですね。

まだ、ジャンルや発売日なども発表されていないのですが、
個人的には期待が高まります。

制作は、ワイルドアームズを創っている所みたいなので、
(元テレネット繋がりの縁なのでしょうか。)
RPGってことも考えられますけど、やはり、AVGでしょうか。

学園が舞台の鬼と戦うお話みたいなので、
戦闘のシステムとかあると楽しそうだなぁとか、
となると、思い浮かぶのはアスミックの転生學園幻蒼録とかですが、
やはり、ここは、マリカみたいな感じのほうが、いいですね。

あと、セツってのは主人公の刹の名前だと思いますが、
刹那、羅刹、刹の柱、など、色々な語句が思い浮かぶなぁ、等々、
色々期待は膨らみます。

しかし、ホント久しぶりの発表で、嬉しいです。
遠藤 正二朗 さんは、少しマイナー(失礼)なのかもしれませんが、
結構色々な作品を創っていて、
私はずべて遊んでいますが(笑)、結構印象的だと思います。

なんせ、私は未だに、Aランクサンダー 逆襲編 を、
密かに待っているくらいですしね。(笑)

まあでも、同じテレネット系の某シリーズみたいに、
AランクサンダーX とか、わけのわからない事されても困りますけど。(笑)

という感じで、とりとめもなくなってしまいましたが、
期待して発売を待ちたいと思います。
[PR]

by maruharoco | 2006-08-06 04:08 | ゲーム メモ