読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Might and Magic II  Gates To Another World

さて、もうひとつの方のマイト2。
以前当項でもマイト2について長々と思い出を綴ったこともありましたが
またもや挑戦しつつも、再びこの名作について触れてみます。

しかし、SOX と違い、こちらは海外DOS 版といってもものすごく古く、
そもそも、プレイするのには愛が必要かもしれません。(笑)

もちろん英語ですし、音楽もありません。
システムもユーザーフレンドリーとはいえないかな。今となっては完全に。

それでもやってると楽しいから、さすが名作、
世界三大RPGのひとつと言うべきか、それとも愛の力か。(笑)
d0034608_033222.jpg

画面はこんな感じ。

現在はクエスト進めがてら最初の町ミドルゲートの町とその地下をMAP埋めて、
次に寺院めぐりをやって、サンドソバーの町を攻略し終わって、
今度はコーラックの洞窟にでも行こうかなと言う所。

ところで英語版のマイト2は、以前にも海外メガドラ版をやっていて、
データが消えて挫折したんですが、それでもタイムマシンを
使えるくらいにはなってたんですよね。全部の準備は終ってませんでしたが。

それでも日本語版(PC88版)の影響が強いんだなぁと思ったのは、
ウィザードの眼の呪文習得のイベントの時でしょうか。

日本語版とアメリカ版は。同時発売だった関係でしょうか、
バージョンに結構食い違いがあるんですが、そのうちのひとつがコレです。

日本語版ではこの呪文は少し危険の伴う城、ラクザスパレスロイヤルにあるんですが
アメリカ版では、普通に2番目の町のサンドソバーにあるんですよね。
もっとも3以降のように、序盤から気軽に使えるような感じではない、
MP消費のかなりの高さなので、コレでいいのかも知れませんが。

つい、サンドソバー攻略前に、キャッスルキー入手したとたんに、
行ってみたんですが、入手できなくて少しあせりました。

そんなところも面白いんですけどね。

違いと言えば、オートマッピングは日本語版よりこっちがずっと良いですね。
そういう意味でも、日本語ベースで完全と言える移植のないマイト2ですが、
海外版やるのも、今更とはいえ、選択肢としてありかなと思ってます。

PC版ならデータも消えないしね・・・(笑)

ただ、このDOS版でこまるのが、魔法の一覧が無い事、でしょうか。

魔法を使う際は、一覧の中から選ぶのではなく、
ただ、魔法の番号打ち込むだけなんですよね。コレはちょっと辛い。

PC版のWIZ みたいに、スペルブックはべつにもっているか覚えて、
呪文をそのつど打ち込ませるような感覚なんでしょうが。製作者としては。

でも魔法100種類近くあるし・・・。
SOX と、なまじほとんど同じ呪文体系だけに、こんがらがります。(笑)

しょうがないので自分で魔法の一覧表作ってプリントアウトしてますけどね。

ハンドブックに一覧載ってるけど、今となっては貴重な一冊なので、
あまり頻繁に開いたりしたくないですしね。(笑)

てか、PDAで説明書がDL版についてるんですけど、なぜか印刷できない・・・
うちの環境の所為なのか、ロックは掛かってないと思うんだけどなー
自分が超初歩的なところでわかってない可能性も高いけど・・・(笑)

表は作ったけど、クルーブックのアイテム一覧も出来ればプリントしたいので、
わかる方が居たら教えて欲しい・・・クスン。(笑)

そんなこんなで、マイト2もチョコチョコと進めています。
こちらはライフワーク的に進めていっていつか解きたいなとは思ってますが、
果たしてどうなるでしょうか。





 
[PR]

by maruharoco | 2010-11-21 00:30 | ゲーム メモ

Might and Magic Swords of Xeen

さて、マイトアンドマジック1~6までの英語版セットを買ったわけですが、
そんなこんなで、2と、ソードオブジーン(SOX)をはじめました。

ただでさえ難易度が高いシリーズを英語版で、しかも2つも
同時攻略はさすがに無謀かなーとか思いましたが、
意外に楽しく進めてますね。いや極楽極楽。(笑)

まず、SOX ですが、これは海賊版であって本編ではないのですが、
WOX の部品を使っているのでそれなりの出来でしょうか。
d0034608_23454245.jpg

ちなみにこんな感じ。

ゲーム自体ざっくりとした感想をいえば、詰めマイトといった所でしょうか。

かなり地上MAP自体は広く、従来と同じくらいあるようですが、
いける場所が限られている上に、町などが徐々に使えるようになる為、
今までのシリーズのように敵もどんどん強くなるけど、
対抗してこっちもバンバン強くしていくような感じではなく、
かなりやりくりが必要です。

しかも、バグなのか単なる見落としか、2番目のHartの町(実質1番目かな)の
魔法屋がいつまでたっても開店しないので、イベントは進めず、
まず地上MAPの敵だけ倒していって、2番目のImperyの町を開放しました。

武器もそれほど良くは無く、補助魔法も自然力からの防御しかないので、
つよい敵はエネルギー波と火花で倒しました。

どちらも3~5ではまったく使わなかった弱い魔法なんですが、大活躍。(笑)

今はようやく8割がた魔法も揃ったので、楽になって、攻略を遡ってやってます。

実際英語版だしどこかで詰まる可能性もありますが、結構面白いので、
このまま進めて行きたいですね。

それとはべつに、WOX 相当の今作をやってて気になるのが、
TOWNS 版WOX との差でしょうか。

グラフィックについては良くも悪くもほとんど同じ。
COZ のOPデモの演出が違う位でしょうか。

音楽はTOWNS 版WOX の方が良いかな。アレンジや音自体がかなり。

反面効果音はTOWNS 版は音割れ気味だったのに対して、クリアです。
すごく響くし、左右にも振ってます。

ただ、効果音自体のセンスが全然違って、歩く音とか、キュッキュって、
ワックスの効いた床を歩いてるような音なんですよね。(笑)

そういった違いを見つけるのも、また楽しいですね。
[PR]

by maruharoco | 2010-11-20 23:55 | ゲーム メモ

Might and Magic 6-pack

さて、6も終わり、その興奮冷めやらぬ中、今度は、
Might and Magic 6-pack を購入してみました。

これは海外のGOG.com にてDL販売されている、当然英語版です。
内容はマイトアンドマジック1~6までが収録されている、
まさに神のごときパッケージ商品で、9.9ドルというお値打ち価格です。(笑)

3~5については、ほとんど今回やってきたTOWNS版と大体同じですし、
6に関しては日本語版とほぼ同じ。それに英語版ももってますが、

1と2に関しては、かなり古いですよね。画面もそうですが、
ほぼ音楽はないです。

あと、海賊版というか、有志が作った、Swords of Xeen というのもあります。

これはWOX のデータで作られてる非公式外伝で、見た感じはWOX と、
おんなじ感じです。

今回は、SOX を進めつつ、2もやっていこうかなと思ってます。
ただ、2は流石にすごく古いので、ライフワーク的にコンプできたらなー
位に思ってますが。

英語版ので、流石に辛いとは思いますが、やってみようかなと思ってます。
[PR]

by maruharoco | 2010-11-15 21:17 | ゲーム メモ

勝利のラストシュート

さて、マイトアンドマジック6ようやく終りました。

ラストダンジョンは意外とあっさり終りました。
最後の終り方は、ヒーローオブ~の方に続いているのかもしれませんが、
最後は、敵は倒したけど良かったのか、どうだろう。
そんな感じの終り方だったでしょうか。

そういえば、ラスとダンジョンにはフラッシュシステムっていう
トラップがあって、一定時間ごとに、ダメージを受けて、
フラッシュシステムが作動した。っていうメッセージが出るのですが。

つい、月は出ているか!とかいいたくなりますね。(笑)
ニュータイプでも居るんでしょうか。

そんなこんなのマイト6、恒例のクリアスコアは、23084。
最後にスタッフからのメッセージもあって、そこは良かったです。

足掛け10年以上にもなる冒険もようやく終りました。
いや、しかし面白かったですね。
そのうち改めて7に挑戦しようかな。
[PR]

by maruharoco | 2010-11-15 21:02 | ゲーム メモ

Might and Magic VI the Mandate of Heaven

さて、マイトアンドマジックばかりやってる昨今ですが、
今度は久しぶりにマイト6に挑戦。

6といえば、やはり、天命(Mandate of Heaven)。

OPでも出てきますが、当時、ファンの間では何でも、それは天命なのだ。
って言うのが流行ってました。(笑)

今回また挑戦するのもやはり、天命だったのでしょう。(笑)

世界三大RPGのひとつ、いわずと知れたマイトアンドマジックですが、
6作目からはポリゴンで3Dになってます。
d0034608_23514586.jpg

今までのシリーズからかなり進化した今作は、
勢いあまってものすごいボリュームになってます。

手元にハンドブックがあるのですが、そこに作者のJ・V・Cから
日本のファンへのメッセージが載っているのですが、
それによると最短でも100時間かかると豪語してます。(笑)

もっとも、裏技駆使すると結構早く終りそうですが。
でも、ぶっちゃけ、マイト3~5まで位のボリュームがあります。

そもそも6はといてないんですよね・・・。

かつて英語版で初めて、日本語版に有償アップデート、というか、
日本語版のCDがそのまま送られてきただけですが・・・。

SAVEデータに互換性が無く、フリーヘブンの地下くらいでやりなおして、
中盤の狼の洞窟攻略中に挫折したんですよね、当時。

数年前に思い立って続きを始めたんですが、結局ダークムア城攻略で、
頭にきてアンインストールしちゃったんですよね。(笑)

てか、アレはかなりこまったダンジョンだったとは思いますし、
LV40くらいで挑むのがそもそも間違いだったかなー。なんて思います。

で、今回、PCの中にSAVEデータは残ってたので、そこから再開。

今回やり直してみて思ったのは、かつて、6って良くも悪くも今までの
マイトシリーズと全然違うなと思ってたのですが、
改めて3から続けてやってみると、結構同じだったんだなと思います。

攻略手順や能力上げ、アイテム入手の為の粘りとか、
以前6に挑戦したときは、まるで国産RPGをやってるような、
安易な姿勢でやっていたなー、と言う感じ。

今回改めて腰をすえて進めていくと、驚くほどスムースに進みました。

今は、もうラストダンジョンに突入と言うところ。
もうじきクリアですね。

いちおう、スーパーグーバー(前作におけるジーン最高の勇者と同じ)の
称号の布告も受けて、ブラスターライフルも4丁そろえました。

ところで、マイト6はご多分に漏れず、後半SFになってくわけですが、
クリーガンという侵略種族に対抗する為に、古代人の残した兵器、
ブラスター系のレーザーガンを遺跡からもってくるのですが、
このあたりが、なつかしのTVアニメ、赤い光弾ジリオンを彷彿とさせますね。

セガ提供のあの番組は、オパオパが登場する事でも有名ですが(笑)、
惑星マリスに殖民した人類と、侵略者ノーザとの戦いを描いたものでした。

最終回は、なかなか良い終わり方でしたが、最終回前の次回予告、
神に見捨てられた宇宙の迷い子ノーザ。撃てねぇ、俺にノーザは撃てねぇよ!
て言うくだりは印象的でした。

マイト6は最後どういうエンディングを迎えるのか楽しみですね。
[PR]

by maruharoco | 2010-11-10 23:54 | ゲーム メモ