読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

さてさて、またひさしぶりに。

今回も、映画の感想おば、したためてまいりましょうか。
(ちなみに今回結構ネタバレ含みます。)
何を観たのかともうしますと、

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

本作は、映画でいうとマン・オブ・スティールの続編的位置づけでしょうか。
DC系のアメコミの集合映画ですね。

マーブルの方のアベンジャーズのコンセプトが、
DCでいうと、ジャスティスリーグになりますので、それへ続く作品とも言えます。

どちらかというとスーパーマンを主軸にした映画だと私は思いました。
そして、グリム童話の、一打ち七匹のような話だな、という印象です。

一打ち七匹というのは、ひとうちでハエを7匹仕留めた男が、
それを触れ回ったら、勘違いした周りが恐れて、邪魔が入ったり
うまいこと解決して成功したりするお話です。

この映画でも、スーパーマンの圧倒的な力に、地球人は恐れ、
ある者は危険視し、ある者は神のように崇め、
ある者は法と秩序のもとに行動しろと言います。

対してバットマンは、割と歳で、若手(といっても30すぎだが)で
ブイブイ言わせてるスーパーマンに対抗して、
あいつは危険だし、手段を択ばず排除せんと、と思うようになります。

二人の邂逅は3度ありますが、まず初めの対決では、お互いにそうと知らず
表の顔でパーティー会場で鉢合わせて、お互いのことをけなします。

対決映画でいえばマジンガーZ対デビルマン などでも、
序盤に兜甲児に不動明が接触するシーンがありますが、それと同じで
まずはお互いの顔見世の小手調べという感じで引き分けに終わります。

ところで、この映画、敵がスーパーマンでおなじみのレックス・ルーサー
なんですが、従来のイメージとちがって(最後にそれに近づく演出があるけど)
なんか、バットマンのヴィランぽいんですよね。

できれば、ルーサーとジョーカーが手を組んでほしかったですが。

ほんで、スーパーマンに地球人が挑むときのお約束として、ルーサーが
クリプトナイトを入手して、バットマンがそれを横取りしようとするんですが、
その時に、スーパーマンとバットマンがヒーローとして初めて接触して、
この時はスーパーマンの圧勝で、二人の勝負は、
1分けの後のスーパーマンの1勝という成績になります。

てか、クリプトナイトが絡むと、ルーサーとバットマンて、どちらも
マッドな金持ちなので、キャラが被るんですよね、
そうしたわけで、ルーサーのキャラも変えてきたのかな、とも思いますが。

そして、物語佳境で、バットマンがうまくクリプトナイトを使って
スーパーマンをあわやというところまで追い詰めますが、
(ここら辺は詳しく書きませんが)、二人は戦うのをやめます。

ここで、勝負は1勝1敗1引き分けとなり、
バットマンの力を認めたスーパーマンと、
スーパーマンの心を認めたバットマンが、
お互いを正義のヒーローと認めるという展開でしょうか。

で、なんだかんだで最強のヴィランと、唐突にワンダーウーマンが
あらわれたり、他のヒーローの伏線を張ったりして物語は、
最終決戦へと向かいます。

ちなみに、ここでアクアマンを見て笑ってしまった。(笑)
てか、水ヒーローとかどうやって使うんだろうか。

あと、ワンダーウーマンが参戦してくるときの音楽が
すごくかっこよくてよかった。

てな感じの映画ですが、ちょっとわかりにくいところが多いんですが
なかなか良かったと思います。
[PR]

by maruharoco | 2016-04-10 18:11 | 映画 メモ