読書メモ、ゲームメモ。

読書や映画、そしてゲームのあれこれを、書き留めていってます。
by maruharoco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ジャスティス・リーグ

さて、またもや久しぶりにブログを書いてみたいと思います。
いつも不死鳥のようによみがえるこのブログ、やはりたまには更新したいものです。
今回は映画メモで、見た映画は、ジャスティス・リーグ。
前回の記事が、バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 去年の春の映画でしたが、
この映画はまさに、今回のジャスティス・リーグの呼び水となる映画でした。
さらにこの間にワンダーウーマンも観ていますが、この映画も本作を観る前に見ておくべき映画と言えると思います。
この記事自体も、前回の記事の続きと言えるかも知れません。

今回の映画は、遂にDCのスーパーヒーロー
達が集結してジャスティス・リーグを結成するというお話です。
内容についてはあまり触れませんが、やはり、DCのヒーローは本物のスーパー・ヒーローであると断言できる映画だったと思いました。
例えば劇中で、メンバーがそろっていよいよ戦いに行くという時に、メンバーの一人、ザ・フラッシュが
戦った事が無いから何をやったらいいかわからない。怖いから帰っていいかな? というようなことを言い出します。
それに対して(本作では結構年寄りでバットマン一連の物語の後のような設定の)バットマンが、
まず連れ去られている人を、一人助け出せ。と言い、それに対してザ・フラッシュが、その後は?と聞くのですが、
行けば分かる。というんですよね。ここが重要で、やはりざ・フラッシュも気弱なようで真のヒーローなので
自分が何者で、何が出来て、そして、何をやるべきなのかわかってピンチを助けるようになるんですが、
やはりそれが、ヒーローは力が強いから、能力があるから戦うのではない、というのを感じました。

また、ザ・フラッシュにあんたの能力は?と聞かれて、バットマンが金持ちだ。ていうシーンがあるのですが、
物語の最後にその力をスーパーマンに対して使って助けるシーンがあり、また、
蘇ったスーパーマンが(BvSのドゥームズデイのように)心の無い怪物になっている事態を想定して
スーパーマンの人芸性を取り戻させる布石を打っているのですが、これもBvSでも描かれていたような
2人の心と力をお多売に認めている所だと感じました。

相変わらずDCのヒーロー映画は地味目ですが、いい映画だったと思います。
エンドロールに二回に分けてシーンが挿入されているのも、最後に見逃せない要素だったと思います。

[PR]

by maruharoco | 2017-11-27 21:15 | 映画 メモ
バットマン vs スーパーマン... >>